結婚にかかる費用は高くない|昔ながらの神前式。神に対して愛を誓って思い出に残る結婚式を

結婚にかかる費用は高くない

手を繋いでいる男女

結婚式・披露宴をする上で一番懸念されている、必要な予算に関してですが、誤った認識により、自分達にはそんな贅沢はできない、とか、予算がかかるから諦めよう、そんな方々も少なくありません。

実際のところ、料理やドリンク、引き出物等ゲスト人数によって増減してくる変動費用と、ゲスト人数が多くても少なくても必ずかかってくる、結婚式料・会場使用料金や司会者、衣装代や写真代等の固定費用の2つに分けられます。

よく、結婚式や披露宴を行うと、お金が何百万円もかかると思い、新生活に支障きたすまでしてすることではないと、結婚式を諦める方も多くおられますが、実は少し誤った認識をされているからです。
人数が増えても減っても、変動費用に関しては、ゲストが持ってきてくださる祝儀でまかなうことができますので、そこで余った金額を固定費用に当てる事ができ、人数が多いほど余る金額が増えるため、実費負担が減ると言われています。

少人数でアットホームに、、と考えるご家族も最近は増えていますが、たくさんの人数を招待することで、幸せを共有し、一緒に最高のひとときを過ごすことができるだけでなく、実費負担の金額も減らすことができ、やってよかったと感じていただける方が増えるのではないでしょうか。

地域によっては、会費制で行うパーティや大人数で一日中行われるようなカジュアルなパーティスタイルもありますので一概に言い切ることはできませんが、一般的には上記のような予算組みで検討してみる事をオススメします。