式をしないという選択も|昔ながらの神前式。神に対して愛を誓って思い出に残る結婚式を

式をしないという選択も

抱き合っている男女

今の時代、日本の婚姻届出数の半数のカップルは、式をしない選択をしていると言われています。
式をすることは、両家の結びつきを強めたり、2人の結婚の誓いをけじめとして表明する事ができる、無くてはならない儀式だと考えています。

では、なぜ式をしないのでしょうか。
親は式を挙げてほしい、そう考えていても、実際こどもたちは、予算の問題や、式・儀式を行うことに抵抗があったり、入籍前に子供ができたことによりタイミングを逃してしまった、、そんな理由も挙げられます。

結婚式は、先ほど記述したように、両家の結びつきを強めたり、けじめを立てる意味だけでなく、お互いの友人・親族に、自分の選んだ人を紹介する意味や、会社の方々や今までお世話になったゲストに対して、今後2人をよろしくお願いいたします、その思いを込めておもてなしをするのです。

式をするには、お金も時間もかかりますが、その分大きくて素晴らしい夢を叶える事ができますし、ゲストに対して、またご家族に対しての最高の孝行だと言えます。

例えば、こどもが生まれた後に結婚式・披露宴をされるカップルは、子供誕生のお祝いやお披露目を兼ねてパーティを実施することもできますし、進行の内容によっては子供も一緒に演出に参加したり、一緒にお色直しをしてゲストにサプライズをしたりすることもできるのです。

子供が大きくなったとき、パパとママの結婚式の写真が見たい、そう言われて、式を挙げていないことに後悔し、写真だけでも急遽残しておきたいと、スタジオに駆け込む夫婦も少なくありません。
幸せの絶頂期で、一番綺麗なときに式を挙げておけばよかったと言う方々も多いのが事実です。