披露宴でおもてなしを|昔ながらの神前式。神に対して愛を誓って思い出に残る結婚式を

披露宴でおもてなしを

竹やぶにいる和装の男女

結婚式の後の披露宴では、最近、堅苦しくないパーティが注目され、自分たちらしいおもてなしを考えるカップルも増えてきています。
そんな中で珍しい演出が多くなってきましたので、一部ご紹介したいと思います。

披露宴の始まりには、乾杯酒として日本酒を配るため、水あわせの儀式として鏡開きを行うことが多くありました。
(水合わせの儀式とは、両家の水に慣れるといった意味がこめられています)

でも最近は海外からの影響も大きく、ビールや洋酒で乾杯を行うことも増えてきました。
洋酒=シャンパンは、グラスに注ぐとプツプツ泡が湧き出ることから、幸せが湧きたつという意味を込め、これを乾杯酒として使用することも増えてきました。
ただ、昔から洋酒には悪魔が宿ると言われており、悪魔を取り払うために乾杯の際はグラスを合わせ、チンっという音を立てるようにするのです。

そんなシャンパンを演出に取り入れ、シャンパンシャワーを行うカップルもいます。
シャンパンシャワーというと、高級で華やかなイメージもありますし、写真映えするのでシャッターチャンスになること間違いなしです。

ただ、式場によっては、乾杯酒を洋酒にすることで追加料金がかかったり、シャンパンシャワーの演出がない事もありますので、事前を相談が必要となってくると思います。

いかがでしたでしょうか?

結婚をすること自体減っている今の日本で、これから結婚の素晴らしさ、結婚式の意味や憧れを取り戻し、幸せを共有し合える世の中がまた増えていくといいなぁと思っています。
一組でも多くのカップルが、この素晴らしい一日を体験して、これからの人生の宝物となりますように、、